古書買取までの流れ|ちょっと待って!古書を高額買取してもらうために知っておくコト

古書買取までの流れ

ページに落ち葉が挟まっている古書 class="alignright frame" />

家に買い取って欲しい古書がある場合はまずは見積もりをしてもらいましょう。

見積もりは店舗に古書を持ち込んで見てもらうのが1番てっとり早いですが、近所にそういったお店がない場合はどうしようもありません。
そんな方たちのために写真を送ることで見積もりをしてくれるサイトもあります。
携帯でとった写真で良いため、ちょっとした時間があれば誰でもできます。
売りたい古書がどのような状態なのか正確に伝える必要ありますので、表紙や背表紙でなく、大きな汚れなどがある場合は正直にそういった部分も写真に撮って送るようにしましょう。
汚れや傷を隠して売った場合は後でトラブルになる場合もあります。

サイトによっては出張買取というサービスをしている所もあります。
この出張買取は買い取ることを前提としているお店もあります。そのため、来てもらったにも関わらずなにも売らなかった場合はトラブルになるかもしれません。
サイト毎にルールが違うようなので出張買取を頼む場合はしっかりと注意書を読んでおきましょう。
出張買取で古書を売った場合はその場でお金を払ってもらえます。

他にも宅配買取というものがあります。
これは売りたい古書を宅配便で買取業者に送ります。送られてきたものを業者が査定し金額を提示してきます。
その金額に納得したのであれば契約は完了です。

後日、その金額で支払いが行われます(銀行振込などサイトによりけり)。
最初にかかった送料は折半に場合もあれば業者持ちの場合もあります。その点にも気をつけましょう。